マーケティングの基本

マーケティングの基本ですが、まずはシンプルに人が全ての事象を起こしている事を頭に入れる必要が有ります。
どんなに頭の中や、紙の上そしてPCで立派な論理で考えてみてもマーケティングは自分一人では終わらず必ず実験を伴う実践が必要です。
その為に論理で動いているようで、実は人が事象を起こしているという事は人間心理をまず考え、その中で流れを掴みその流れを掴んだ中でどの様のビジネスを展開していくかを考えていく事が必要です。
本を読んだり、人から聞いたりして分かった気で取り組んでも、根本の人が事象を起こしそれをどの様に扱い、そしてうまく誘導や購入に結び付けるかを試行錯誤していく事が、基本的に考えられていなければ成りません。

まずマーケットを知れ

マーケティングをするなら、まずはそのマーケットの顧客を知る必要があります。なぜかというと、どういう人たちが購入しているのか、どういうものが求められているのかを知らなければ、いい商品を作っても、求めている人がいないと売れないからです。
その市場の規模を知ることも重要で、市場が大きいということは競合相手がたくさんいるということになります。ライバルを確認することで、競合相手が持っていないものを知ることができ、商品開発の方向性を決定しやすくなるのです。
そして、どのような客層がいるのかも重要です。その商品を求めている年代の人は、20代、それとも60代なのか、お年寄りの方に20代の人が好むような商品を作って販売しても、売れるわけがないのです。

リンク案内

web制作を見つける

webサイト制作が見つかる

webサイト構築の詳細

レスポンシブについてお尋ねください